サービス内容

クリニックで受ける安心・安全なアートメイク

PMU Artmake Japanはアートメイクを医療として行っているからこそ、医療レベルの安全性と美容としてのデザイン性をご提供します。

                   

医療アートメイク

 

医療補助アートメイク

パラメディカルピグメンテーションとは、様々な疾患やケガなどによって失った本来あるべき身体の色を、アートメイクの技術を用いて医療補助を目的に(=パラメディカル)皮膚に色を付ける(=ピグメンテーション)ことで、本来の姿に近づける技術です。

医療技術の進歩した現代では、病気を治すだけでなく、その後の生活も視野に入れた治療が求められます。 例えば乳がん治療。一昔前の大きく胸をえぐり取るような手術から、現在は乳房再建が保険診療となり、誰でも受けることができるようになりました。洋服や下着を着ている場面では胸の膨らみがあれば他人に気づかれることはありません。胸の膨らみを取り戻した後、手術によって失った乳輪乳頭部の色をパラメディカルピグメンテーションで取り戻します。それまでの手術とは異なり、体への負担が少なく、日帰りで受けることのできる「パラメディカルピグメンテーション」は今注目を集めています。 従来のアートメイクとは異なり、人の肌に馴染むよう、個々にあった色の調合を行ったり、微妙なグラデーションを付けたりと、高度な技術が求められます。

パラメディカルでの対応例

  • 乳がん術後の乳輪、乳頭のカラーカモフラージュ
  • 白斑症による患部へのカモフラージュ
  • 手術や事故等による傷痕のカモフラージュ
  • 化学療法に伴う眉毛脱毛へのカモフラージュなど

日本国内ではパラメディカルピグメンテーションを行うことは医療行為として定められています。
医療機関内で、医師または医師の管理の下において看護師が行うことの出来る施術です。