Artmake Column

第62回 日本形成外科学会総会・学術集会

冨田医師発表PMU渋谷

第62回 日本形成外科学会総会・学術集会 2019/5/15-17 札幌

PMU渋谷の形成外科専門医の冨田祥一医師が
「眉毛・アイラインへのアートメイクに関する合併症と満足度調査」を発表しました。


PMU渋谷では、アートメイクの施術後、
色素外来というアートメイク専門外来にて、医師の診察を受けて頂いています。

色の定着、形などのバランスを診るのももちろんですが
感染やアレルギーといった皮膚トラブルがなかったか
チェックをさせて頂いています。


今回、眉またはアイラインへのアートメイクを行った606名を対象に
日々の診療で得た知見を学会で報告しました。


施術の後、皮膚に発赤がある、かゆい、少し腫れているなど
何らかの症状を訴えた方は全体の約12%でした。

眉は痒みを訴える方が、アイラインは軽い腫れを訴える方が多い結果でした。
どちらも針の施術に伴う症状のようです。
数日で治まることが多いことが分かりました。

アレルギー症状を来した方はいませんでした。

一方、感染を来した方は3名、全体の0.5%いらっしゃいました。
しかしいずれもしっかり洗い、軟膏を継続して塗ることで軽快してくれました。
傷だからといって怖がって洗えていないケースもありましたので、
怖がらず、優しく洗い、軟膏を塗ることが大切ですね。


全体的にアートメイクに伴うトラブルは少ない上、
起こったとしても軽い症状のことが多いことが分かりました。


冨田先生、発表お疲れ様でした。これからも頑張って下さい。



PMUアートメイクジャパンとは、
確かな技術、医師主導で安心・安全にアートメイクを受けることのできるクリニックです。

お近くのPMUアートメイクジャパン登録クリニックはこちらから。↓